2.ハンディサポートこがねいの沿革

 

  年月

事業履歴

国・地方公共団体の動き

平成6年1月

(1994)

任意団体「小金井ハンディキャブ友の会」として発足。東京都福祉財団振興助成事業により、小金井市内の歩行困難な高齢者・障害者の移送サービスを開始。

 小金井市東町4丁目に事務所開設。
 運行車両(車椅子用中古車1台)を国分寺移送サービス団体から譲り受け。
 

平成73

(1995年)
「東京都生命保険協会・生命保険労働組合連合会」から車椅子搭載のリフト車1台の寄贈  
      助成金支給が東京都から地方自治体に移管。

平成143

(2002年)

小金井市の助成団体となる。

 同時に行政からの指導に従い「特定非営利活動法人」設立認証申請書を東京都に提出。
 
平成149
(2002年)

特定非営利活動法人(NPO)の認証を受ける。同時に登記完了。旧組織から事業を継承。

 小金井市梶野町4丁目に事務所移転。
 

平成162

(2004年)
日本財団から福祉車両の寄贈(1号車と呼称)。従来の寄贈車両は売却。  
 

平成173

(2005
  国土交通省が、福祉車両による「福祉有償運送」を例外認定(道路運送法80条例外認定)
 

平成177

(2005年)
  小金井市が構造改革特区域(セダン型車両の使用)の認可を得る。

平成17年11

(2005年)
「セダン型自家用車を使用しての福祉有償運送」を申請。  

平成183

(2006年)
 「セダン型自家用車を使用しての福祉有償運送」の認可  
  平成1810(2006年)   道路交通法改正。「福祉有償運送」が合法の事業と認定され、登録制(79)となる。

平成203

(2008
更新登録(登録番号:関東福第41号)  

平成206

(2008年)
日本財団から福祉車両の寄贈(2号車と呼称)。  
10 平成2512(2013年) 「安全・安心運転」実践の一環として、全車両にドライブレコーダを装備  
 11 平成284(2016年) 利用料金改定(平成6年度以来初改定)